Factoring

ファクタリング利用前に契約書は注意!

ファクタリングは売掛金があれば、自社の信用状況の影響を受けずに高額な資金を調達することが出来ます。審査で重要視されるのは、売掛先の支払能力や信用度であり、大手企業や信用度の高い企業との取引があれば、手数料も抑えて資金調達が期待できます。
ですが、ファクタリングを利用する前に注意したいポイントとしては、取引基本契約書をしっかりと確認することです。支払方法について、明確な支払方法が記載されているだけでなく、売掛金債権の譲渡が禁止されていないかどうかに注意する必要があります。取引契約上では、機密保持を重視し、債権譲渡自体も禁止されていることがあります。債権の譲渡により、取引内容からどのような取引先があるのは外部に漏れることとなってしまいます。
結果として、売掛金債権の譲渡に気付かず、3社間ファクタリングを利用したことで、取引条件に違反してしまい、その後の取引に影響を受けてしまうこともあります。そのため、ファクタリングを利用する場合、契約書を確認し、債権譲渡禁止の事項がある場合は取引先と協議の上、再契約もしくは覚書の締結をするといったことが重要です。何よりもダメなことは、コンプライアンスを軽視することであり、不安がある場合は取引先に相談することも重要です。

Contents

  • 素早い資金調達にファクタリングがおすすめな理由

    事業をしていて資金繰りに困ったときは、できるだけ素早い資金調達をしたいと考えるものですが、そんなときにはファクタリングがおすすめです。…

  • ファクタリング利用前に契約書は注意!

    ファクタリングは売掛金があれば、自社の信用状況の影響を受けずに高額な資金を調達することが出来ます。審査で重要視されるのは、売掛先の支払…

  • ファクタリングはこんな会社におすすめ

    資金繰りに困っている経営者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方の助けになる可能性があるのが「ファクタリング」です。ファクタ…

  • 良いファクタリング業者を選ぶために

    ファクタリングサービスは会社にある売掛金を現金として受け取ることが出来る便利なものです。ですが世の中にファクタリング業者はたくさんあり…